早いもので桜開花!そして、shop Sis.も先日うっかり15歳を迎え、相変わらずトキの流れに
追いつけていないSis.妹です。
(おつきあいくださっている皆様、心から感謝いたしますーuー/)


そしてそして春といえば!姉逃亡の季節です!!!
数日前に高飛びした姉Sis.さんから、なんと早くも久々のつぶやき日記が届きましたっ
どうやら、フライト中に書いた様子。。。(長いんですケどーーーーーー)
アナログ人間のオネーサマが頑張って「データ」を送ってきたので、全公開いたします 笑
どうぞ、お時間許す限り、おつきあいくださいませ( _ _)

はい、どうぞ

河の豚か、はたまた月の魚か、惜しまれるのは、八幡屋のフ
グ。by ami Sis,

「ねえねえ、怒ったり、危険が迫ると体をパンパンに膨らませて、
そのうえツンツンの棘まで出す魚って、なんて言うの?」
「う~ん、poisson lune(ポワソンルヌ)かな、、、」
「ポワソンルヌ、月の魚!なんだか随分ロマンチックな言い方だねえ、
日本では、河の豚って書くんだけども。。」

ここまでの会話で、察しの良い方(でなくても)は、
日本人の私と、フランス人の誰がしかが、フグの話をしていることにお気付きでしょう。
所変われば、物事の捉え方は随分と違うものだ。
かたや河の豚、かたや月の魚、この差は何処から来るものか、、、
(と、ここから、長いフライト時間にまかせて、暇つぶしの考察が始
まる。僕の悪いクセ by 右京さん^^)
「やっぱり『食す』文化と、『愛でる』文化の違いなのかな?
だって逆もあるものね、
日本じゃ、ウサギは「カワイイ~♡。」だけれど、
あっちじゃ、「ウ~ン、まるまる太って美味しそうだなあ~。」とくるし。
こういう違いって、こと異文化交流の場合、そういうものかと、
まるっとお互いを受け入れてしまうに限るのだけれども、
でもでも、フグよお、、フグなのよお、、、
月の魚じゃあ、ちょっとピンボケすぎやしないかい??
ムムム、あーやーしい、何か、そこに裏を感じる。」
、とくれば、お得意の深読み、斜め見のクセが顔を出す。
「イヤイヤ待てよ、月の魚って、一見ロマンチックな表現に見えるけれど、
フランス語で月は女性名詞 (フランス語では物事に性別があります^^)、
うがった見方をするならば、フグと同様、見た目の愛らしさ(そうな
の!)とは裏腹に、怒れば棘のような言葉を浴びせ、歯向かおうものなら、身体中に溜め
込んだ猛毒で、標的をノックアウトさせちまう私らのことを『月』という隠語を用い
揶揄してるんじゃなかろうか??
だからホントは、オンナフィッシュって言いたいんじゃないの?!プンプンッ」
と、めくるめく思考のダイブは、誰の手も届かない深みにハマっていく。
比較文化論的考察のスタートは、ただの被害妄想というゴールで幕を閉じる、
まあ、それも世の常だ。

さてさて、何故にこんなにフグ、フグというかというと、
今月末に、私達が愛してやまない東京御徒町にある、
フグ料理の名店「八幡屋」が、約80年の歴史に幕を降ろすことになってしまったからなのだ。
八幡屋は、友人のおじいさんが昭和のはじめに裸一貫で始め、
その後息子の代、孫の代へと引き継がれてきたお店で、
フグだけではなく、一年を通して四季折々の旬のモノをお腹いっぱい食べさせてくれる、
夢のような『オトナの遊び場』なのだ。
春野菜に始まり、夏は鱧、秋のマッタケ、冬のフグ、ついでに鮎も鰻
も参戦とくれば、
もう、、、ね。
いつもは飲んで食べてケラケラ笑っている八幡屋の御曹司、
この時ばかりは食と文化についてキラリと光る知性を見せちゃうものだから、
私含め賑やかなオンナフィッシュどもも、うっかり尊敬の眼差しを向けてしまう。
もちろんその後に「鍋奉行よろしく。」の"忖度"もあるわけだけれど
(使い方あってる?)。
ところで、皆さま、"ひれ酒"ってご存知?
これ、どえらい美味しいの。
熱々の日本酒の中に、炙ったフグのひれがミシッと詰まった、
いわばフグ料理の副産物、いい意味の始末の一杯。
御曹司曰く、
「うちのヒレは、特別だよ!丁寧に丁寧に炙って、臭みをしっかり取っているからね。」
もう、自画自賛なんだから!と、思いつつ、
激しく同意せざるおえないくらい、本当に美味しいのだ。

このヒレの炙りは、御曹司のパパさんの仕業とのこと、いつも板場の奥にいらっしゃるから、
軽い会釈だけで、お声を聞いたこともなかったけれど、
『技』は人となりを語るものだと、妙に納得してしまう。
香ばしいと、焦げ臭いって、全然別次元の鼻通りなわけで、
よく割烹系ドラマで、メチャクチャおっかない板長に「オマエ、今日から焼き場入れ」
なんて言われちゃった板前さんが、絶妙に流れ出す主題歌とともに
「ヘイ」とか「ハイ」とか言って、前掛けの紐と口をキュッと締めなおし、、、って、
何が言いたいかというと、
『火』を入れるって、それだけ鍛錬と覚悟がないと様にならない技なんだと。。
だから、機上からでも叫びたい。
「八幡屋には、至極の一杯があったの!、願わくばあと一杯!」
羨ましいことに、我が家の末っ子は行くのだ。渡仏前に行ってしまうのだ。
よおく叩き込んでおくのだぞ、その舌に。その丸い鼻に、そのドングリ眼に。
「人間だって、タダ燻されたって『いぶし銀』にはならないよね、燻
され方よ、おネエさん。」
あなたの心の声が聞こえます。
残すところ、あと10日ばかり、機会のある方は是非、八幡屋の暖簾を
くぐってみてほしい、、、です。
ちなみに、
やっぱり『月の魚』が腑に落ちなくて、文明の利器使って調べたよ、"poisson lune"、
「マンボウ」
って書いてあった、、、

もうすぐワルシャワ。
さあ、旅の始まりだ。

続く



以上。長文、お読みいただきありがとうございました。
ちなみに、フグの仏語は テトロドン  tétrodon だそうですよ、姉様。
あ、、テトロドトキシンかっ(←サスペンス見過ぎ)

IMG_9737.JPG


 今更、、
皆さま、明けましておめでとうございます。
本年、最初のつぶやきダイアリー。今年の目標は最低月1!!!!
ノロノロ更新ではございますが、どうぞよろしくお付き合いくださいませ。。。v

FBにtwitterにinstaに。。。青年方に置いていかれぬよう頑張ります(ーuー)/


さて、年末年始のbigイベントから原宿に戻って早くも2週間が経とうとしております。
あの大量の荷物もようやく片づきました笑
よく聞かれるんです、「この狭いお店にどうやってしまっているのか、、、」と。
魔法ですよね、ほぼ笑
そして、何事もなかったようにお店やさんに戻るのです^-^

shop Sis.では特にセールというものは行わないのですが
Freiheitさんのこんなお品は赤札になっております。
今年の日めくりカレンダーフランス語バージョン♩

IMG_9339.JPG
ami Sis.の1週間お花ブローチと
フランスつながりで、paris在住rumiさんのネックオーナメントと共に、パシャり。
*注:お花たちは赤札ではございませんw

日めくりのイラストも可愛いので、めくった後にメモ紙にしてもオシャレですね♪


今年も1年、
楽しく日めくりできますように!




 ついに12月も12日!
だいぶ寒いですけど、皆さまお元気にお過ごしですか?
つい先日クリスマスツリーをしまったような気さえするのに、すでに1年、、、
相変わらず時間て駆け足ですねぇ。

では!!
いつもより駆け足で!年末年始のお楽しみ大発表です。

「ハハハ!〜笑う門には福来る〜」 
12月26日(火)→1月9日(火)[*12/31は18時まで。1/1はお休み]
新宿高島屋 2F スウィングスクエア(JR側エントランス前)

2017_12SisDM.jpg
大変ハッピー!?なDMになりました笑
末広がりのハハハ!笑いや、おしゃれにつけちゃう7FUKUJIN 、羽根つきには魔除けの意味が!?
絶賛話題のセンターのヒト!? 2018年はドッグイヤー!
などなど、追って小話して行こうと思いますが、ハッピーアイコン満載のフェアでございます。

しかも、、1万円以上お買い上げの方先着20名さまに、えらい可愛いプレゼントがあるとかないとか、、、❤️

諸々、ただいますごい勢いで準備しておりますので
ぜひ、ご来店くださいませ♪

よし、作業にカムバックっっ

寒さ厳しいおり、お風邪などひきませぬように。。。



月別 アーカイブ

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

Sis.のHPはこちら

最近のコメント

アイテム

  • IMG_9737.JPG
  • IMG_9339.JPG
  • 2017_12SisDM.jpg
  • IMG_8101.JPG
  • IMG_8082.JPG
  • IMG_7638.JPG
  • IMG_7629.JPG
  • IMG_7627.JPG
  • COCKTAILBARbySis.png
  • IMG_6588.JPG

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。